スプリングマットレスの詰め物について

マットレスジャパンではスプリングマットレスのスプリング(コイル)を主に2種類使用しており、
1.ボンネルコイルタイプ
スプリング用鉄線をコイル状にした数百個のスプリングを細い接続鉄線でつなぐことでマットレス形状のユニットにしたもので、
一番ポピュラーなタイプです。

このスプリングの特徴は1個ずつのスプリングが体型の微妙な曲線に細かく対応し、
またこのスプリングが接続鉄線でつながれているのでスプリングクッション性は面として体を支えてくれることです。
これにより体への抵抗を極力抑えたスプリング効果を生み出しします。
また鉄線で仕上げたスプリングなので、マットレス内の高さ約12~15?部分はほぼ空洞となり通気よく速乾性にたけているのです。

2.ポケットコイルタイプ
このスプリングはスプリング用鉄線をコイル状にし、1個ずつのスプリングを不織布で仕上げた袋に入れ、
数百個のスプリングを特殊な糊で必要最小限で接続したユニットです。
ボンネルコイルと違い、スプリング同士の直接の接続が無いためにスプリング1個ずつの体への反応範囲が大きくなり、
ボンネルコイルよりも更に体の細かい曲線や微妙な動きに反応し、真直ぐな寝姿勢を生み出すことが出来るのです。

マットレスジャパンではこの2種類のスプリングユニットをベースにそれぞれのスプリングコイルに合った詰め物を選択し、
快適なスプリングマットレスに仕上げております。
スプリングは鉄線で仕上げているので、睡眠時にスプリングコイルの鉄線感覚が出ては当然NGです。
そのためスプリングコイルユニットの上にはパームパット(椰子柄の繊維素材)やフエルトなどを使用し、鉄線感覚を無くすことと、
寝汗など吸水性が良く、速乾性も高い材料を選択しています。

また表面部に近い詰め物には高密度ウレタンや低反発ウレタン、またラテックスなどを使用しています。
イメージとしては表面材で体をやさしく包み込み、ベースのスプリングコイルユニットが細かい反応で
しっかりと体を支える事により快適な睡眠を提供したいと考えております。
表地も通常のスプリングマットレスには硬めの生地、低反発やラテックスのような柔らかめ素材には起毛系などのソフトタイプの生地など、
それぞれの素材の特徴を醸し出せるよう選択しております。

マットレスジャパンでは、30年にわたる経験値からどの組み合わせが最適であるかをデータとして持っています。
ヨーロッパメーカーからのデータではなく、あくまでマットレスジャパンが日本人に30年間毎年15万本以上の実績のみから生まれた貴重なデータです。
是非ともマットレスジャパンのチューニングされた寝心地をお試し下さい。